0アウトランナー1塁での有効な攻撃パターン3選!!【俺の野球論】

戦術
サトル
サトル

こんにちは!サトルです!

サトルがお勧めする0死1塁からの攻め方を教えます!

野球の攻撃において、先頭打者の役割は大きいですよね。

先頭打者が出塁すれば、大抵の人はチャンス到来だと思います。

この記事では、そんな0死ランナー1塁からの攻撃パターンを考えます。

0死1塁からの一般的な攻撃パターンとは?

サトル流の攻撃パターンを伝授する前に、

一般的な0死1塁からの攻撃パターンを考えてみましょう。

大抵の場合、よく見るのは次の2つだと思います。

  • 送りバント
  • 盗塁

この2つは、ランナーを進める王道であるものの、

選手の能力にとても依存する作戦だと思いませんか?

サトル的には、この2つは『監督の責任逃れの作戦』と考えています。

送りバントを失敗するのは選手の責任であり、

盗塁を失敗するのも選手の責任になりかねません。

そもそも、送りバントって苦手意識を持っている人が多く、

普段の練習でも真剣に練習していたとしても、成功確率はそう高くない・・・

にも関わらず、バント成功したとしても、アウトを1つ献上してしまうのです。

1つのアウトを犠牲に出来上がるのは、1死ランナー2塁。

これってチャンスですか?

野球におけるチャンスとは?

野球の攻撃におけるチャンスとはどのようなパターンでしょうか?

軟式野球と硬式野球とでも違いはあると思いますが、

共通してチャンスと考えられるのは次の2パターンだと考えられます。

  • 0アウト ランナー3塁
  • 1アウト ランナー3塁

守備側の心理からしても、

1死ランナー2塁や2死ランナー3塁では、

上記に比べてプレッシャーはかかりません。

(今回は攻撃論ですが、守備論としては、ランナーが3塁に進むまでに2アウトにすればいいと考えるのが重要です。)

1アウトまでにランナー3塁に進める方法を考える

したがって、野球の攻撃において重要なことは、

『1アウトまでに、ランナーを3塁に進める』

ということになります。

これさえできれば、スクイズでもエンドランでもタッチアップでも、得点することができます。

内野が前進守備してくれれば、タイムリーヒットになる確率も増えます。

(一般的に、全打率よりも得点圏打率が高くなるのはこのためです。)

サトル流攻撃論では、1死までにランナー3塁を作る方法は、次の3つです。

  1. 0死1塁から盗塁&送りバント
  2. 0死1塁からバスタエンドラン
  3. 0死1塁からヒットエンドラン

この3つの作戦は、常にどれか1つを選択するのではなく、

1試合の中で3つ全てをすべて使うことで、さらに効果がUPします。

まずは、3つの作戦を1つずつ解説します。

①0死1塁から盗塁&送りバント

この作戦は、本記事の導入部分で触れた通り、

選手任せの『監督の責任逃れの作戦』です。

しかし、サトル流攻撃論におけるこの作戦は、

失敗することも許容する、試合後半への布石となるのです。

どういうことか?

0死1塁から果敢に盗塁を狙うことで、

『このチームは走ってくる』と相手に思わせるのです。

そうすることで、この後解説する②と③の作戦が活きてきます。

また、盗塁が成功したら、さらに王道の作戦を続けて、送りバントをしましょう。

そうすることで、1死3塁が完成するとともに、

『このチームはセオリー通りに攻めてくるチームだ』と相手チームに思わせることができます。

これを試合序盤にできれば、この試合の攻撃はとても有利に進められます。

②0死1塁からバスタエンドラン

試合序盤に①の「盗塁&送りバント」を見せつけられれば、

次に取る攻撃は「バスタエンドラン」です。

0死1塁から、バッターが送りバントの構えをすれば、守備はこう考えるはずです。

『次は送りバントか。いや、盗塁を助長するためにバントの構えか!?』

そう考えた守備は、次のような守備体形をとります。

  • サードはバントに備えて前進守備
  • ファーストは投球と同時に前進守備
  • セカンドは1塁ベースカバーのために1・2塁間寄り
  • ショートは盗塁に備えて2塁ベース寄り

これに加えて、バントでも盗塁でも、守備は必ず、

投球に合わせて1歩目を動き出します。

そうすると、動き出した守備選手は、そう簡単には方向転換できないため、

三遊間と、二遊間にヒットゾーンが生まれます。

バッターはそのヒットゾーン目掛けてバスタエンドランするのです。

この時絶対に間違ってはならないのは、

【進塁打ではない!】ということです。

ただバットに当てるだけのバスタエンドランでは、

ランナーは3塁までは進めず、1死2塁になってしまいます。

この作戦で狙うのは、0死3塁 または 0死1・2塁ですので、

バッターはフライだけは打たないように強く転がして、

内野の間を抜ける打球を心掛けましょう。

③0死1塁からのヒットエンドラン

作戦③の考え方は、作戦②とほぼ変わりません。

注意することも作戦②と同様です。

この作戦は【進塁打ではない!】ということは必ず意識してください。

さらに上級者であれば、変化球や1バウンドするような投球は見逃してもOKです。

なぜならば、

ここで重要なのは、1死までにランナー3塁を作ることです。

したがって、ヒットエンドランでありながら、

ランナーのスタートが良かったり、投球が逸れたりして、盗塁成功確率が高いと思えば、

無理して打ちに行かなくても、0死 ランナー2塁を作ればいいのです。

1試合の中で3つの作戦を組み合わせる

これら3つの作戦を有効に実行するためには、

試合序盤に王道のセオリー通りの攻撃を、シンプルかつ確実に見せておくことが重要です。

その後で、バスタエンドランやヒットエンドランを仕掛けることで、

相手守備は脳みそフル稼働になります。

そうなれば、攻撃はこっちのもの。とても有利に試合をすすめることができるはずです。

まとめ

以上のように、野球の試合において重要なことは、

1試合は9イニングあって、その流れも含めて戦略を練るということです。

簡単におさらいすると、

野球の攻撃における0死ランナー1塁からの攻め方は、

試合序盤に、【作戦①:盗塁&バント】をシンプルかつ確実に決める。(失敗してもOK)

次の0死1塁では【作戦②:バスタエンドラン】または【作戦③:ヒットエンドラン】を仕掛ける。

以降、作戦①・作戦②・作戦③を織り交ぜて攻撃することで、相手守備はプレッシャーを感じ、いつも通りの守備はできなくなる。

ぜひ、サトル流攻撃論、お試しください(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました